ご依頼・無料相談はこちら 会社案内PDF

Webデザインのワイヤーフレームとは?意味と作り方

Webデザインのワイヤーフレームとは?意味と作り方

Webデザインのワイヤーフレームとは、Webサイトやアプリのデザインを作る前の段階で、コンテンツやレイアウトを簡素化した図のことです。ワイヤーフレームは、デザインの基本となる構造や機能を明確にするために作成されます。ワイヤーフレームを作ることで、デザインの方向性や問題点を見つけやすくなります。また、ワイヤーフレームは、開発者やデザイナー、クライアントなど、関係者間でデザインを共有するためのツールとしても活用されます。この記事では、ワイヤーフレームの基本と役割、作り方と手順、制作時の重要ポイント、おすすめのワイヤーフレーム作成ツールについて解説します。

ワイヤーフレームの基本とは?

ワイヤーフレームは、Webデザインの最初のステップとして作成されます。ワイヤーフレームは、色やフォント、画像などのデザイン要素を省いた、白黒のシンプルな図です。ワイヤーフレームでは、コンテンツの種類や量、配置やサイズ、ナビゲーションやボタンなどのインタラクションを表現します。ワイヤーフレームは、ペーパーに手書きすることも、専用のツールを使ってデジタルで作成することもできます。ワイヤーフレームのレベルによって、以下のように分類されます。

  • ローファイワイヤーフレーム:最も簡単で素早く作成できるワイヤーフレームです。コンテンツの大まかな枠組みやレイアウトを示します。アイデアのスケッチやブレインストーミングに適しています。
  • ミッドファイワイヤーフレーム:ローファイワイヤーフレームよりも詳細に作成されるワイヤーフレームです。コンテンツの種類や量、インタラクションの仕様を示します。デザインの方向性や機能の確認に適しています。
  • ハイファイワイヤーフレーム:最も細かく作成されるワイヤーフレームです。コンテンツのテキストや画像、色やフォントなどのデザイン要素を含みます。デザインの完成度や見た目の評価に適しています。

ワイヤーフレームの役割とは?

ワイヤーフレームは、Webデザインにおいて、以下のような役割を果たします。

Webサイトやアプリのデザインを確認する

ワイヤーフレームは、Webサイトやアプリのデザインを確認するためのツールです。ワイヤーフレームを作ることで、デザインの目的や要件、コンテンツやレイアウト、インタラクションやユーザビリティなどを明確にすることができます。ワイヤーフレームを見ることで、デザインの強みや弱み、問題点や改善点を見つけやすくなります。ワイヤーフレームは、デザインの品質や効果を高めるために必要なツールです。

開発者とデザイナーが共有するデザイン

ワイヤーフレームは、開発者とデザイナーが共有するデザインです。ワイヤーフレームは、デザインの構造や機能を視覚的に表現することで、開発者とデザイナーがデザインについてコミュニケーションしやすくなります。ワイヤーフレームは、開発者とデザイナーがデザインの仕様や要件を共有するためのドキュメントとしても機能します。ワイヤーフレームは、開発者とデザイナーが協力してデザインを作るために必要なツールです。

アイデアを出し議論するためのワイヤーフレーム

ワイヤーフレームは、アイデアを出し議論するためのワイヤーフレームです。ワイヤーフレームは、デザインのアイデアを簡単に表現することで、デザイナー自身やクライアント、ユーザーなど、関係者とデザインについて議論しやすくなります。ワイヤーフレームは、デザインのアイデアを試したり、比較したり、フィードバックしたりするために必要なツールです。

ワイヤーフレームの作り方・手順とは?

ワイヤーフレームの作り方・手順は、以下のようになります。

サイトの目的を明確にする

ワイヤーフレームを作る前に、サイトの目的を明確にすることが重要です。サイトの目的とは、サイトが何を目指しているか、どんなユーザーに向けているか、どんな価値を提供するかなどを定義することです。サイトの目的を明確にすることで、デザインの方向性や優先順位を決めやすくなります。サイトの目的を明確にする方法としては、以下のようなものがあります。

  • ペルソナ:サイトのターゲットユーザーの架空の人物像を作ることです。ペルソナには、ユーザーの年齢や性別、職業や趣味、ニーズや課題などを設定します。

コンテンツを決定するワイヤーフレーム

サイトの目的を明確にしたら、次にコンテンツを決定するワイヤーフレームを作ります。コンテンツとは、サイトに表示するテキストや画像、動画などの情報のことです。コンテンツを決定するワイヤーフレームでは、以下のことを考えます。

要求定義の重要性

コンテンツを決定する前に、要求定義を行うことが重要です。要求定義とは、サイトの目的に沿って、コンテンツの種類や量、優先順位などを明確にすることです。要求定義を行うことで、コンテンツの目的や効果、必要性を理解しやすくなります。要求定義を行う方法としては、以下のようなものがあります。

  • コンテンツオーディット:既存のサイトのコンテンツを分析することです。コンテンツオーディットには、コンテンツの種類や量、品質や効果、問題点や改善点などを評価します。コンテンツオーディットを行うことで、コンテンツの現状や課題を把握することができます。
  • コンテンツインベントリ:必要なコンテンツをリストアップすることです。コンテンツインベントリには、コンテンツのタイトルや概要、目的や優先順位、担当者や期限などを記録します。コンテンツインベントリを作ることで、コンテンツの計画や管理をしやすくなります。

要件定義のプロセス

要求定義を行ったら、次に要件定義を行います。要件定義とは、コンテンツの詳細な仕様や要件を定義することです。要件定義を行うことで、コンテンツの内容や形式、品質や効果を具体化することができます。要件定義を行う方法としては、以下のようなものがあります。

  • コンテンツモデル:コンテンツの構造や関係を表現することです。コンテンツモデルには、コンテンツのタイプや属性、関連やルールなどを定義します。コンテンツモデルを作ることで、コンテンツの整理や再利用をしやすくなります。
  • コンテンツテンプレート:コンテンツの形式やスタイルを表現することです。コンテンツテンプレートには、コンテンツのタイトルや見出し、本文や画像などの要素や配置を示します。コンテンツテンプレートを作ることで、コンテンツの一貫性や品質を高めることができます。

サイトマップの作成方法

コンテンツを決定したら、次にサイトマップを作ります。サイトマップとは、サイトの全体的な構造やページの階層を表現する図のことです。サイトマップを作ることで、サイトの規模や流れ、ナビゲーションやリンクなどを把握することができます。サイトマップを作る方法としては、以下のようなものがあります。

  • カードソーティング:コンテンツをカードに書いて、グループ分けや並べ替えをすることです。カードソーティングには、コンテンツのカテゴリーやラベル、順序や関係などを決めます。カードソーティングを行うことで、コンテンツの分類や整理をしやすくなります。
  • ツリーテスト:サイトマップの効果や問題点をテストすることです。ツリーテストには、ユーザーにサイトマップを見せて、特定のコンテンツを探させるというタスクを与えます。ツリーテストを行うことで、サイトマップのユーザビリティや改善点を評価することができます。

レイアウトの仮決めをする

サイトマップを作ったら、次にレイアウトの仮決めをします。レイアウトの仮決めとは、ページの大まかなレイアウトや配置を決めることです。レイアウトの仮決めでは、コンテンツの重要度や関係性、ユーザーの目線や操作などを考慮します。レイアウトの仮決めをする方法としては、以下のようなものがあります。

  • グリッドシステム:ページを均等な幅の列に分割することです。グリッドシステムには、コンテンツの配置やサイズ、余白や整列などを決めます。グリッドシステムを使うことで、レイアウトのバランスや調和を保つことができます。
  • モックアップ:ページの見た目やデザインを表現することです。モックアップには、コンテンツのテキストや画像、色やフォントなどのデザイン要素を含みます。モックアップを作ることで、レイアウトの完成度や見た目を確認することができます。

コンテンツのレイアウトを調整する方法

レイアウトの仮決めをしたら、次にコンテンツのレイアウトを調整します。コンテンツのレイアウトを調整するとは、コンテンツの配置やサイズ、余白や整列などを微調整することです。コンテンツのレイアウトを調整することで、レイアウトの最適化や改善を行うことができます。コンテンツのレイアウトを調整する方法としては、以下のようなものがあります。

  • プロトタイプ:ページの動きやインタラクションを表現することです。プロトタイプには、コンテンツのアニメーションや遷移、ホバーやクリックなどの動作を示します。プロトタイプを作ることで、レイアウトの動きや効果を確認することができます。
  • ユーザーテスト:ページのユーザビリティや問題点をテストすることです。ユーザーテストには、ユーザーにページを使ってもらって、感想やフィードバックを得ることです。ユーザーテストを行うことで、レイアウトの改善や最適化を行うことができます。

制作時の重要ポイント

ワイヤーフレームを作る際に、以下のようなポイントに注意することが重要です。

過剰な作り込みを避ける

ワイヤーフレームは、デザインの基本となる構造や機能を表現するものであり、デザインの最終形ではありません。ワイヤーフレームを作る目的は、デザインの方向性や問題点を見つけることや、関係者とデザインを共有することです。そのため、ワイヤーフレームを作る際には、過剰な作り込みを避けることが重要です。過剰な作り込みとは、以下のようなことです。

  • デザイン要素の詳細化:ワイヤーフレームでは、色やフォント、画像などのデザイン要素は、必要最低限に留めるべきです。デザイン要素を詳細化すると、デザインの本質や目的が見えにくくなります。また、デザイン要素の変更や修正が困難になります。
  • コンテンツの具体化:ワイヤーフレームでは、コンテンツの種類や量、配置やサイズを示すべきですが、コンテンツの内容やテキストは、具体化する必要はありません。コンテンツを具体化すると、コンテンツの構造や関係が見えにくくなります。また、コンテンツの変更や修正が困難になります。

制作の優先順位を考える

ワイヤーフレームは、デザインの最初のステップとして作成されますが、デザインの全てのページや要素にワイヤーフレームを作る必要はありません。ワイヤーフレームを作る際には、制作の優先順位を考えることが重要です。制作の優先順位とは、以下のようなことです。

  • ページの重要度:サイトの中で、どのページが最も重要で、どのページが最も影響力があるかを判断することです。ページの重要度は、サイトの目的やユーザーのニーズ、コンバージョンなどによって決まります。ページの重要度に応じて、ワイヤーフレームの作成や詳細化の順序を決めます。
  • 要素の必要性:ページの中で、どの要素が最も必要で、どの要素が最も価値があるかを判断することです。要素の必要性は、コンテンツの目的や効果、ユーザーの行動などによって決まります。要素の必要性に応じて、ワイヤーフレームの作成や詳細化の程度を決めます。

おすすめのワイヤーフレーム作成ツール

ワイヤーフレームを作る際に、便利なワイヤーフレーム作成ツールをご紹介します。ワイヤーフレーム作成ツールは、ワイヤーフレームの作成や編集、共有や協働、プロトタイプやテストなどの機能を提供するツールです。ワイヤーフレーム作成ツールは、以下のようなものがあります。

おすすめのワイヤーフレーム作成ツール:Figma

Figmaは、オンラインでワイヤーフレームやモックアップ、プロトタイプなどのデザインを作成できるツールです。Figmaの特徴は、以下のようなものです。

  • プラグインを活用したワイヤーフレーム作成:Figmaには、ワイヤーフレーム作成に便利なプラグインが多数あります。プラグインを使うことで、ワイヤーフレームの作成や編集を効率化することができます。例えば、以下のようなプラグインがあります。
    • Wireframe:ワイヤーフレームのテンプレートやコンポーネントを提供するプラグインです。Wireframeを使うことで、ワイヤーフレームの作成やカスタマイズを簡単に行うことができます。
    • Content Reel:ワイヤーフレームにダミーのテキストや画像を挿入するプラグインです。Content Reelを使うことで、ワイヤーフレームにリアルなコンテンツを追加することができます。
  • リアルタイムでの共有や協働:Figmaは、オンラインでワイヤーフレームやデザインを共有や協働することができます。Figmaを使うことで、関係者とワイヤーフレームやデザインについてコメントやフィードバックをやり取りすることができます。また、Figmaは、複数の人が同時にワイヤーフレームやデザインを編集することができます。

おすすめのワイヤーフレーム作成ツール:Adobe XD

Adobe XDは、Adobe社が提供するワイヤーフレームやモックアップ、プロトタイプなどのデザインを作成できるツールです。Adobe XDの特徴は、以下のようなものです。

  • シームレスなワイヤーフレームからプロトタイプへの移行:Adobe XDは、ワイヤーフレームとプロトタイプを同じツールで作成できます。Adobe XDでは、ワイヤーフレームにインタラクションやアニメーションを追加することで、プロトタイプに変換することができます。また、Adobe XDでは、プロトタイプを実機でテストしたり、Webで共有したりすることができます。
  • Adobe製品との連携:Adobe XDは、Adobe社が提供する他の製品と連携することができます。Adobe XDでは、PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトから、ワイヤーフレームやデザインに画像をインポートすることができます。また、Adobe XDでは、After EffectsやPremiere Proなどの動画編集ソフトから、ワイヤーフレームやデザインに動画をエクスポートすることができます。

おすすめのワイヤーフレーム作成ツール:overflow

overflowは、ワイヤーフレームやプロトタイプを作成するだけでなく、ユーザーフローやジャーニーマップなどのフロー図を作成できるツールです。overflowの特徴は、以下のようなものです。

  • フロー図の作成と共有:overflowでは、ワイヤーフレームやプロトタイプにフロー図を作成することができます。フロー図とは、ユーザーの行動や選択、ページの遷移やインタラクションなどを表現する図のことです。フロー図を作ることで、ユーザーの体験やストーリーを可視化することができます。また、overflowでは、フロー図をWebで共有や協働することができます。
  • 他のツールとの連携:overflowは、他のワイヤーフレームやプロトタイプ作成ツールと連携することができます。overflowでは、FigmaやAdobe XDなどのツールから、ワイヤーフレームやプロトタイプをインポートすることができます。また、overflowでは、SketchやInVisionなどのツールに、フロー図をエクスポートすることができます。

以上が、おすすめのワイヤーフレーム作成ツールの紹介でした。ワイヤーフレームは、Webデザインの基本となるツールです。ワイヤーフレームを作ることで、デザインの方向性や問題点を見つけやすくなります。また、ワイヤーフレームは、関係者とデザインを共有や協働するためのツールとしても活用されます。ワイヤーフレームを作る際には、過剰な作り込みを避けることや、制作の優先順位を考えることが重要です。ワイヤーフレーム作成ツールを使うことで、ワイヤーフレームの作成や編集、共有や協働、プロトタイプやテストなどの機能を効率的に利用することができます。ワイヤーフレーム作成ツールを選ぶ際には、自分のニーズや目的に合ったツールを選ぶことが重要です。ワイヤーフレームを作ることで、Webデザインの品質や効果を高めることができます。ワイヤーフレーム作成に挑戦してみましょう。

まとめ

  • ワイヤーフレームとは、Webサイトやアプリのデザインを作る前の段階で、コンテンツやレイアウトを簡素化した図のことです。
  • ワイヤーフレームを作ることで、デザインの方向性や問題点を見つけやすくなります。また、ワイヤーフレームは、関係者とデザインを共有や協働するためのツールとしても活用されます。
  • ワイヤーフレームを作る際には、過剰な作り込みを避けることや、制作の優先順位を考えることが重要です。
  • ワイヤーフレーム作成ツールを使うことで、ワイヤーフレームの作成や編集、共有や協働、プロトタイプやテストなどの機能を効率的に利用することができます。
Related posts