ご依頼・無料相談はこちら 会社案内PDF

【2024年版】小規模事業者持続化補助金でホームページ作成!対象と必要書類

今こそ、ホームページでビジネスを加速!

小規模事業者持続化補助金は、ホームページ作成費用を最大3分の2まで補助してくれる制度です。2024年度の最新情報をはじめ、対象業種や申請方法、実績のあるホームページ制作会社選びなど、知っておきたいポイントをわかりやすく解説します。

この文章は、以下の情報を簡潔に説明しています。

  • 小規模事業者持続化補助金とは
  • ホームページ作成費用の補助内容
  • 2024年度の最新情報
  • 対象業種と経費
  • 申請期限とスケジュール
  • 申請方法と注意点
  • 他の補助金制度
  • ホームページ制作費用の相場

2024年度版の小規模事業者持続化補助金を活用して、低予算で効果的なホームページを作成しましょう!

以下、各項目の詳細を説明します。

1. 小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者の事業継続と販路拡大を支援するために創設された制度です。ホームページ作成以外にも、ウェブサイト関連の費用やECサイト構築費用など、様々な事業活動に活用できます。

2. ホームページ作成費用の補助内容

ホームページ作成費用のうち、最大3分の2(上限100万円)を補助します。対象となる費用は、企画・設計費、制作費、サーバー代、ドメイン取得費などです。

3. 2024年度の最新情報

2024年度は、申請要件が一部変更されています。詳細は経済産業省のホームページをご確認ください。

4. 対象業種と経費

以下の業種が対象となります。

  • 製造業
  • 卸売業
  • 小売業
  • サービス業

対象となる経費は、ホームページ作成以外にも、ウェブサイト関連の費用やECサイト構築費用などがあります。

5. 申請期限とスケジュール

2024年度の申請期限は、2024年3月31日です。申請スケジュールは、以下の通りです。

  • 2024年1月10日:申請受付開始
  • 2024年3月31日:申請受付終了

6. 申請方法と注意点

申請は、オンラインまたは郵送で行います。申請書類は、経済産業省のホームページからダウンロードできます。申請時に必要な書類は、以下の通りです。

  • 事業計画書
  • 収支予算書
  • 見積書
  • 経費の内訳書
  • 誓約書

申請時に注意すべき点としては、以下の通りです。

  • 申請期限を厳守する
  • 申請書類を正しく記入する
  • 見積書は複数の事業者から取得する
  • 補助金の対象となる経費を明確にする

7. 他の補助金制度

ホームページ作成費用の補助金制度としては、他にもIT導入補助金や地方自治体の補助金などがあります。これらの制度も活用して、ホームページを作成することを検討しましょう。

8. ホームページ制作費用の相場

ホームページ制作費用の相場は、規模や機能によって異なります。一般的には、以下の通りです。

  • 小規模ホームページ:30万円〜100万円
  • 中規模ホームページ:100万円〜300万円
  • 大規模ホームページ:300万円〜1,000万円

9. まとめ

小規模事業者持続化補助金を活用して、低予算で効果的なホームページを作成しましょう。ホームページがあれば、24時間365日営業している営業マンとして、お客様に情報を提供し、集客につなげることができます。

目次

小規模事業者持続化補助金の基本情報

小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている小規模事業者に対して、持続的な事業活動の支援を目的とした補助金です。 ホームページ制作費用も対象経費として含まれており、事業のデジタル化を促進するための有効な手段として活用できます。

対象となる事業者は、以下の条件を満たす必要があります。

条件 説明
業種 小規模事業者に該当する業種
従業員数 常時雇用している従業員数が20人以下、または資本金が1,000万円以下
売上高 直近の事業年度における売上高が5億円以下
事業継続性 継続的な事業活動を行う意思があること
新型コロナウイルス感染症の影響 新型コロナウイルス感染症の影響を受けていること

補助対象となる経費は、以下の通りです。

経費項目 説明
ホームページ制作費 ホームページの企画・制作・運用にかかる費用
ECサイト構築費 ECサイトの構築・運用にかかる費用
新規顧客獲得費 ホームページやECサイトを通じて新規顧客を獲得するための費用
業務効率化費 業務効率化のためのソフトウェアや機器の導入費用

補助限度額と補助率は、以下の通りです。

補助限度額 補助率
100万円 2/3
300万円 1/2

申請期限は毎年3月31日です。 申請スケジュールは以下の通りです。

日程 内容
1月1日~3月31日 申請受付期間
4月~5月 審査
6月~7月 交付決定

申請方法は、以下の通りです。

  1. 経済産業省のホームページから申請書類をダウンロードします。
  2. 必要事項を記入し、必要書類を添付して申請窓口に提出します。
  3. 審査の結果、交付が決定された場合は、補助金が交付されます。

小規模事業者持続化補助金は、事業のデジタル化を促進するための有効な手段です。 ホームページやECサイトを構築することで、新規顧客の獲得や業務効率化につなげることができます。 申請には様々な書類が必要となりますので、事前に確認しておくことが重要です。

<よくある質問>

<小規模事業者持続化補助金の申請締切は?>

毎年3月31日です。

<小規模事業者持続化補助金の支給上限額は?>

100万円または300万円です。

交付決定後、数ヶ月後に指定口座に入金されます。

小規模事業者持続化補助金は、事業のデジタル化を促進するための有効な手段です。 ホームページやECサイトを構築することで、新規顧客の獲得や業務効率化につなげることができます。 申請には様々な書類が必要となりますので、事前に確認しておくことが重要です。

小規模事業者持続化補助金でホームページ制作費用をサポート

小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた小規模事業者の事業継続を支援するために設けられた制度です。この補助金は、ホームページ制作費用を含む様々な経費を対象としており、最大で200万円の補助金を受けることができます。

<小規模事業者持続化補助金の対象業種>

小規模事業者持続化補助金は、以下の業種が対象です。

  • 飲食業
  • 宿泊業
  • 小売業
  • サービス業
  • 製造業
  • 農林水産業
  • 卸売業
  • 運輸業
  • 倉庫業
  • 郵便業
  • 情報通信業
  • 学術研究、専門・技術サービス業
  • 複合サービス事業
  • 不動産業
  • 賃貸業
  • 生活関連サービス業
  • 教育、学習支援業
  • 医療、福祉
  • 娯楽業
  • その他のサービス業

<小規模事業者持続化補助金の対象経費>

小規模事業者持続化補助金は、以下の経費が対象です。

  • ホームページ制作費用
  • ECサイト構築費用
  • システム開発費用
  • コンサルティング費用
  • 人件費
  • 備品購入費
  • 消耗品費
  • 旅費
  • 支払利息
  • その他事業継続に必要な経費

小規模事業者持続化補助金の補助限度額と補助率は、以下のとおりです。

  • 補助限度額:200万円
  • 補助率:1/2、2/3、3/4(業種や売上高によって異なる)

小規模事業者持続化補助金の申請期限とスケジュールは、以下のとおりです。

  • 申請期限:2024年3月31日(必着)
  • 採択結果通知:2024年4月下旬以降
  • 事業期間:2024年4月1日~2025年3月31日

<小規模事業者持続化補助金の申請方法>

小規模事業者持続化補助金の申請方法は、以下のとおりです。

  • 申請窓口:都道府県または指定都市の商工会議所、商工会、中小企業基盤整備機構
  • 申請書類:事業計画書、収支予算書、資金計画書、決算書、登記簿謄本など

小規模事業者持続化補助金の受給における4つの重要ポイントは、以下のとおりです。

  1. 必要書類の作成について
  2. 高額補助枠への申請
  3. ウェブサイト関連費以外の経費も申請
  4. 実績のあるホームページ作成会社への依頼

小規模事業者持続化補助金は、ホームページ制作費用の負担を軽減し、事業継続を支援する制度です。この制度を活用して、ホームページを制作し、事業の成長につなげましょう。

【2024年】小規模事業者持続化補助金の最新情報

小規模事業者持続化補助金でホームページを作成できる?

はい。小規模事業者持続化補助金は、ホームページ作成にも利用できます。2024年版の最新情報では、ホームページ作成は「販路開拓支援事業」に分類されます。

補助金の対象となる業種や費用、補助限度額、補助率、申請期限などについて詳しく知りたい方は、以下の項目をご覧ください。

  • 小規模事業者持続化補助金の対象業種
  • 小規模事業者持続化補助金の対象経費詳細
  • 小規模事業者持続化補助金の補助限度額と補助率
  • 小規模事業者持続化補助金の申請期限とスケジュール
  • 小規模事業者持続化補助金の申請方法詳細

小規模事業者持続化補助金の対象業種

小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を支援するために創設された補助金です。対象となる業種は幅広く、サービス業、製造業、情報通信業、建設業、運輸業、卸売・小売業、不動産業、学術研究、専門・技術サービス業、医療、福祉、教育、宿泊、飲食サービス、娯楽、スポーツ、生活関連サービス、娯楽、その他など、様々な業種が対象となっています。

補助金の対象となる経費は、ホームページ制作費、コンサルティング費用、販路開拓費用、設備投資費用、人件費などです。補助限度額は最大300万円、補助率は2/3です。

申請期限は、2023年3月31日まででしたが、新型コロナウイルスの影響により、2024年3月31日まで延長されました。申請方法は、オンライン申請と郵送申請の2通りがあります。

小規模事業者持続化補助金は、事業継続や事業拡大を目指す事業者にとって、大変ありがたい補助金です。対象となる事業者は、ぜひ申請を検討してみてください。

小規模事業者持続化補助金の対象経費詳細

小規模事業者持続化補助金は、事業を継続的に発展させていくための費用を補助してくれる制度です。ホームページ制作費用も対象経費に含まれており、事業に必要なホームページを整備することができます。

対象経費には、ホームページの企画・設計・制作費用、ドメイン取得費用、サーバー費用、ウェブサイトの保守管理費用などがあります。これらの費用を補助金で賄うことで、自社の資金を他の事業活動に回すことができます。

ただし、補助金の対象となるホームページは、事業の継続発展に不可欠なものであること、経営戦略に基づいて作成されたものであること、事業計画に沿った内容であることなどの条件を満たしている必要があります。

ホームページ制作を検討している場合は、補助金の対象となるかどうかを確認した上で、計画的に進めていきましょう。

小規模事業者持続化補助金の補助限度額と補助率

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が事業を継続・発展させるために必要な経費を支援する制度です。

この補助金は、事業計画が1年を超える場合と1年以下の場合で補助限度額と補助率が異なります。

事業計画が1年を超える場合は、第1段階が200万円、第2段階が800万円、第3段階が1,200万円で、補助率はそれぞれ2/3、1/2、1/3となります。

事業計画が1年以下の場合は、第1段階が100万円、第2段階が400万円、第3段階が600万円で、補助率はそれぞれ2/3、1/2、1/3となります。

小規模事業者持続化補助金に関して、より詳細な情報を知りたい場合は、経済産業省ホームページや小規模事業者持続化補助金コールセンターを参照することをお勧めします。

小規模事業者持続化補助金の申請期限とスケジュール

小規模事業者持続化補助金の申請期限は、毎年4月1日から6月末日までとなっています。 申請はオンラインで行うことが原則となっており、書類提出の締め切りは7月10日です。

採択通知までに約3ヶ月、補助金の交付までに約4ヶ月程度かかります。補助金は原則として、事業完了後に交付されます。

申請の際には、以下の書類が必要です。

  • 申請書
  • 事業計画書
  • 収支予算書
  • 事業実施スケジュール
  • 見積書
  • 登記簿謄本
  • 直近2年間分の確定申告書
  • その他必要書類(事業内容によって異なる)

申請に必要な書類は、経済産業省のホームページに掲載されています。

申請の注意点

  • 申請期限は厳守すること
  • 申請書類は正確に記入すること
  • 事業計画書は、事業内容や効果を具体的に記載すること
  • 補助金の使途は、事業計画書に記載された内容に沿うこと

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者の経営改善や事業継続を支援する制度です。 申請の際には、上記のスケジュールや書類をしっかりと確認し、事業計画書を丁寧に作成することが重要です。

小規模事業者持続化補助金の申請方法詳細

小規模事業者持続化補助金では、ホームページ作成に要する費用の一部を補助金として受け取ることが可能です。補助金申請にはいくつか手順が必要となりますので、詳しく解説していきます。

<申請のステップ>

  1. 事前相談: まず、最寄りの商工会議所や中小企業診断士など、専門家に相談しましょう。事業計画の作成や必要書類の確認などをサポートしてくれます。
  2. 電子申請システムへの登録: 経済産業省の電子申請システムに登録し、事業者情報を登録します。
  3. 申請書の作成・提出: 補助金の申請には、申請書、事業計画書、見積書などの必要書類を添付し、電子申請システムを通じて提出する必要があります。
  4. 審査: 提出された書類をもとに、審査が行われます。
  5. 採択・通知: 審査に通過した場合、採択通知が届きます。
  6. 事業実施・報告: 補助金交付後、計画に基づいて事業を行い、完了後に事業報告書などを提出します。
  7. 補助金交付・清算: 事業報告書が承認されると、補助金が交付されます。

<留意点>

  • 申請には期限があるので、事前にスケジュールを確認する必要があります。
  • 必要書類は事前に確認し、漏れなく揃えるようにしましょう。
  • 事業計画はしっかりと練り、実現可能なものを作成することが重要です。

小規模事業者持続化補助金を利用すれば、ホームページ作成にかかる費用を軽減できます。申請には手順が必要となりますが、専門家の相談や事前準備をすれば、スムーズに進めることが可能です。

参考

小規模事業者持続化補助金の受給における4つの重要ポイント

小規模事業者持続化補助金でホームページを作成する際には、いくつかの重要なポイントがあります。特に、以下の4つのポイントを押さえておくことが大切です。

  1. 必要書類の作成について: 補助金申請には、様々な書類が必要です。事前に必要書類を確認し、漏れなく準備しておきましょう。
  2. 高額補助枠への申請: ホームページ作成費用の補助額は最大100万円ですが、要件を満たせば200万円の補助を受けることができます。高額補助枠を受けるためには、事前に申請書を提出する必要があります。
  3. ウェブサイト関連費以外の経費も申請: 補助金の対象となるのは、ウェブサイト関連費だけではありません。サーバー代やドメイン代、SEO対策費なども申請することができます。
  4. 実績のあるホームページ作成会社への依頼: 補助金申請には、ホームページ作成を行う事業者の見積書が必要です。実績のあるホームページ作成会社に依頼することで、質の高いホームページを作成し、補助金の受給を成功させることができます。

この4つのポイントを押さえておくことで、小規模事業者持続化補助金を使って効果的なホームページを作成することができます。

詳細については、以下をご覧ください。

  • 必要書類の作成について (1)
  • 高額補助枠への申請 (2)
  • ウェブサイト関連費以外の経費も申請 (3)
  • 実績のあるホームページ作成会社への依頼 (4)

1. 必要書類の作成について

小規模事業者持続化補助金の申請には、様々な必要書類を準備する必要があります。申請書類の不備は審査に影響するため、書類作成には十分な注意が必要です。

<必要書類一覧> 申請には以下の書類が必要です。

  • 事業計画書
  • 事業計画に基づく収支予算書
  • 補助事業費用の内訳書
  • 事業計画実施体制に関する資料
  • 経理処理体制の整備に関する資料
  • その他、申請時に必要となる資料

<書類作成のポイント> 書類の作成にあたっては、以下のポイントに注意しましょう。

  • 虚偽の記載をしないこと
  • 内容が明確で具体的なこと
  • 誤字脱字がないこと
  • 添付書類が漏れなく揃っていること

<専門家に相談する> 書類作成には専門的な知識が必要となる場合もあります。不安がある場合は、行政書士や税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

必要書類の作成は小規模事業者持続化補助金の申請において重要なポイントです。書類作成には十分に注意し、不安がある場合は専門家に相談しましょう。

補足:

  • 必要書類一覧の文章を変更しました。
  • 専門家に相談することをおすすめする文章を追加しました。

2. 高額補助枠への申請

小規模事業者持続化補助金の高額補助枠は、新たな販路開拓や生産性の向上など、事業成長に大きく寄与すると認められる事業に対して、最大1,000万円の補助金が支給される可能性があります。高額補助枠の申請には、事業が成長に寄与すること、事業計画が具体的かつ実現可能性が高く、事業実施能力があると認められること、事業採算性が確保されており、補助金に頼らず事業が継続できると認められることなど、いくつかの条件を満たす必要があります。これらの条件を満たした事業者は、高額補助枠の申請を行い、より多くの補助金を獲得することが可能です。ただし、高額補助枠の申請は一般枠よりも審査が厳格であり、採択率も低くなっています。申請書類の作成や事業計画書の充実など、入念な準備が必要となります。

3. ウェブサイト関連費以外の経費も申請

小規模事業者持続化補助金は、ホームページ作成費用の他にも、事業継続や新たな展開のための様々な経費に対して助成を受けることができます。ここでは、具体的な申請可能な経費例をご紹介します。

<申請可能な経費例>

  • 人件費
  • コンサルタント料
  • 研修費
  • IT導入費
  • 設備投資
  • その他

申請可能な経費は随時見直されています。最新の情報は、経済産業省の公式ホームページや、各種相談窓口にて確認することをおすすめします。

<申請方法>

申請方法は、主に以下の2通りです。

  • 直接申請
  • 民間事業者申請

直接申請の場合は、所定の申請書類を作成し、経済産業省の窓口に提出する必要があります。民間事業者申請の場合は、各事業者の申請要項や提出期限に従って申請を行う必要があります。

小規模事業者持続化補助金は、ホームページ作成費以外にも、様々な経費に対して助成を受けることができます。事業継続や新たな展開を検討している事業者は、積極的に活用を検討してみましょう。

4. 実績のあるホームページ作成会社への依頼

小規模事業者持続化補助金の申請において、実績のあるホームページ作成会社に依頼することは非常に重要です。なぜなら、補助金の申請にはホームページに関する様々な書類が必要となりますが、実績のあるホームページ作成会社であれば、これらの書類の作成をサポートしてくれるからです。

具体的には、以下のような書類の作成をサポートしてくれます。

  • 事業計画書
  • ホームページ制作計画書
  • 見積書

これらの書類は、補助金の審査において重要視されます。実績のあるホームページ作成会社であれば、これらの書類を審査基準を満たした形で作成することができるため、補助金の採択率を上げることができます。

また、実績のあるホームページ作成会社は、ホームページの制作自体も高品質で行うことができます。補助金で制作されたホームページは、事業の成長に大きく貢献するものです。実績のあるホームページ作成会社であれば、事業の目的やターゲットに合わせた効果的なホームページを制作することができ、事業の成長を後押しすることができます。

さらに、実績のあるホームページ作成会社は、アフターサポートも充実しています。ホームページは制作しただけでは終わりではなく、運用していくことが重要です。実績のあるホームページ作成会社であれば、ホームページの運用に関するサポートも行ってくれるため、安心してホームページを運用することができます。

このように、実績のあるホームページ作成会社に依頼することで、補助金の申請からホームページの運用まで、様々な面でメリットを得ることができます。小規模事業者持続化補助金の申請を検討している方は、ぜひ実績のあるホームページ作成会社に相談してみてください。

他のホームページ作成費用対象補助金制度

ホームページ作成費用を支援する補助金制度は、小規模事業者持続化補助金以外にもいくつか存在します。ここでは、代表的な制度を2つご紹介します。

<1. IT導入補助金>

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者がITツールを導入する際に活用できる補助金制度です。ホームページ作成も対象であり、最大500万円の補助金を受けることができます。

<2. 地方自治体の補助金や助成金>

地方自治体によっては、ホームページ作成を支援する独自の補助金や助成金を設けている場合があります。対象となる事業や補助金の額は自治体によって異なるため、お住まいの自治体のホームページなどで確認することをおすすめします。

これらの補助金制度を活用することで、ホームページ作成費用を軽減することができます。ホームページ作成を検討している方は、ぜひ活用を検討してみてください。

※ 注意事項

  • 具体的な補助金の金額や申請条件などは、各制度によって異なります。
  • 申請には一定の要件を満たす必要があります。
  • 申請期限があるため、事前に確認が必要です。

※ 関連記事

  • IT導入補助金について
  • 地方自治体の補助金や助成金について

IT導入補助金について

IT導入補助金は、IT化によって生産性向上や新たな事業展開を目指す中小企業・小規模事業者に対する支援制度です。ホームページの制作費を支援対象経費に含むことができます。

IT導入補助金の特徴

  • 助成率:2/3または3/4(中小企業庁が定めた一定の条件を満たす場合)
  • 補助限度額:2,000万円または3,000万円(中小企業庁が定めた一定の条件を満たす場合)
  • 申請時期:毎年2回実施(時期は変動あり)
  • 対象者:中小企業・小規模事業者
  • 対象経費:ホームページ制作費、ソフトウェア・ハードウェア購入費、ネットワーク構築費など

IT導入補助金を活用してホームページを制作するメリット

  • 助成金を利用することで、ホームページ制作費を抑えることができる
  • IT化を促進し、生産性向上や新たな事業展開につながる

IT導入補助金について詳しく知りたい場合は、以下のサイトをご覧ください。

補足

IT導入補助金は、ホームページ制作費に限らず、様々なIT化支援策を提供しています。ぜひ、自社の状況に合った補助金制度を活用して、IT化を推進しましょう。

地方自治体の補助金や助成金について

地方自治体は、中小企業や個人事業主を支援するために、様々な補助金や助成金を設けています。 これらの補助金や助成金の中には、ホームページ作成費用をサポートするものもあります。

補助金や助成金の名称や対象となる事業は自治体によって異なりますので、ホームページ作成を検討している場合は、お住まいの自治体のホームページや商工会議所などで情報収集することをおすすめします。

ホームページ作成費用の一般的な相場

ホームページを作成する際の費用は、規模や機能によって大きく異なります。ここでは、小規模、中規模、大規模のホームページのそれぞれにおける一般的な価格帯を見ていきましょう。

  • 小規模のホームページは、数ページ程度のシンプルなサイトを指します。一般的な価格帯は、30万円から50万円程度です。
  • 中規模のホームページは、10ページから20ページ程度のサイトを指します。一般的な価格帯は、50万円から100万円程度です。
  • 大規模のホームページは、30ページ以上のサイトや、複雑な機能を持つサイトを指します。一般的な価格帯は、100万円から300万円程度です。

これらの価格はあくまでも目安であり、実際の費用は、デザインや機能、制作会社の規模などによって異なります。

詳細については、以下をご覧ください。

  • 小規模ホームページの一般的な価格帯
  • 中規模ホームページの見積もり範囲
  • 大規模ホームページの制作費用の目安

小規模ホームページの一般的な価格帯

小規模ホームページの制作費は、規模や機能、デザインなどによって異なりますが、一般的には30万円~100万円程度が相場と言われています。

小規模ホームページの一般的な例としては、ランディングページ、会社案内サイト、ブログなどが挙げられます。これらのサイトは、比較的シンプルなデザインと機能で構成されているため、比較的安価に制作することができます。

価格を抑えるためには、テンプレートを使用したり、必要最低限の機能に絞ったり、自分で更新したりするなどの工夫が必要です。

小規模ホームページの制作を検討している場合は、複数の業者から見積もりを取って比較検討することをおすすめします。

中規模ホームページの見積もり範囲

小規模事業者持続化補助金でホームページを作成する場合、中規模ホームページの見積もり範囲は、一般的に 100万円~300万円 とされています。

中規模ホームページは、以下の特徴を持つことが多く、それに伴い、より多くのコンテンツや機能が求められるため、見積もり額も高くなります。

  • 情報量が多く、複数のページで構成されている
  • 画像や動画など、リッチコンテンツが豊富
  • 予約や問い合わせなど、機能が充実している
  • アクセス解析やSEO対策など、運用面も考慮されている

具体的な見積もり額は、以下の要素によって異なります。

  • ページ数
  • デザインの複雑さ
  • 機能の充実度
  • 運用サポートの有無

見積もりを依頼する際には、これらの要素を明確にしておくことが重要です。

参考情報

大規模ホームページの制作費用の目安

大規模ホームページの制作費用の目安は、数百万円から数千万円です。 具体的な金額は、ページ数、機能、デザイン、コンテンツ量、開発期間などの要素によって変動します。 大規模ホームページは、多くのページ数と複雑な機能を備えているため、開発期間が長くなります。また、デザインやコンテンツのクオリティも高める必要があるため、人件費や開発費が高騰します。

もし、大規模ホームページの制作を検討している場合は、予算に余裕があることを確認することが重要です。また、複数の制作会社から見積もりを取ることで、より適切な価格でホームページを制作することができます。

よくある質問と回答

小規模事業者持続化補助金について、よく寄せられる質問と回答を紹介します。

  • Q. 小規模事業者持続化補助金の申請締切は?
  • A. 2024年度は、令和5年3月31日(金)までです。
  • Q. 小規模事業者持続化補助金の支給上限額は?
  • A. 1事業者あたり最大1,000万円です。
  • Q. 小規模事業者持続化補助金の入金タイミングは?
  • A. 審査終了後、3ヶ月程度で入金されます。

など、様々な質問にお答えしています。その他にも、補助金の対象となる事業や、必要書類などについても詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

詳細については、以下をご覧ください。

  • 小規模事業者持続化補助金の申請締切は?
  • 小規模事業者持続化補助金の支給上限額は?
  • 小規模事業者持続化補助金の入金タイミングは?

小規模事業者持続化補助金の申請締切は?

小規模事業者持続化補助金は、原則として毎年10月下旬から11月中旬に申請受付が開始され、12月上旬に締め切られます。申請には、事業計画書や収支計画書、補助金の概要パンフレットなどが必要となり、専門家との相談が推奨されています。

ホームページ制作を検討している事業者は、申請時にホームページ制作費用の見積書を提出する必要があります。見積書は、ホームページ制作会社に依頼して作成してもらうことができます。

申請が承認されると、補助金が交付されます。補助金の交付額は、補助率によって異なります。小規模事業者持続化補助金は、事業の継続や発展を支援する重要な制度です。ホームページ制作を検討している事業者は、ぜひ活用を検討してください。

<申請締切時期>

  • 申請受付開始:毎年10月下旬から11月中旬
  • 申請締め切り:毎年12月上旬

<申請書類>

  • 事業計画書
  • 収支計画書
  • 補助金の概要パンフレット
  • ホームページ制作費用の見積書(ホームページ作成の場合)

<補助率>

  • 原則3分の2
  • 一定の要件を満たす場合は3分の2、2分の1、3分の1のいずれかを選択可能

<ポイント>

  • 申請書類の作成や提出には、専門家への相談が推奨される
  • ホームページ制作を検討している事業者は、ぜひ活用を検討する

申請書類の作成や提出には、専門家への相談が推奨される

  • 税理士
  • 経営コンサルタント
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • ホームページ制作会社

<注意事項>

  • 申請締切時期や補助率は、年度によって変更される可能性がある
  • 申請書類の提出には、期限厳守が重要

<参考情報>

小規模事業者持続化補助金は、事業の継続や発展を支援する重要な制度です。ホームページ制作を検討している事業者は、ぜひ活用を検討してください。

小規模事業者持続化補助金の支給上限額は?

小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響により、事業継続が困難な小規模事業者を支援するために創設された制度です。

この補助金は、ホームページ作成費用を含む、様々な事業活動に必要な経費を補助するもので、最大で1,000万円の補助金を受け取ることができます。

ホームページ作成費用は、事業活動に必要な経費として認められているため、小規模事業者持続化補助金を使ってホームページを作成することができます。

ホームページを作成することで、事業の認知度向上や顧客獲得に役立てることができます。

小規模事業者持続化補助金は、事業継続に役立つ制度ですので、ぜひ活用を検討してみてください。

※ 上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報は経済産業省の公式サイト等をご確認ください。

小規模事業者持続化補助金の入金タイミングは?

小規模事業者持続化補助金の入金タイミングは、申請が採択された後、事業計画に基づいて事業実施報告書を提出することで、補助金が交付されます。

入金タイミングは、事業計画の内容や報告書の提出時期によって異なりますが、一般的には、事業完了報告書を提出してから1ヶ月以内と言われています。

ただし、事業計画によっては、中間報告書を提出する必要がある場合もあり、その場合は、中間報告書の提出後に入金される場合があります。

また、事業実施期間が長期にわたる場合は、複数回に分けて入金されることもあります。

具体的な入金タイミングについては、採択通知書に記載されているので、必ず確認してください。

なお、補助金は事業完了後に入金されるため、事業実施前に必要な資金は自己資金で用意する必要があります。

万が一、事業完了前に資金が不足した場合には、補助金の交付が遅れる可能性があるので注意が必要です。

まとめ【2024年版】小規模事業者持続化補助金でホームページ作成!

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者などを支援するために創設された小規模事業者持続化補助金を利用すれば、ホームページ制作費用を最大3分の2、200万円まで補助を受けることができます。

この補助金の対象となるのは、実質的な経営支配者が50歳未満で、直近の事業年度における売上高が1億円以下、経常利益が300万円以下の事業者です。

補助対象経費は、ホームページ制作費用、ウェブサイト関連費、インターネット広告費、コンサルティング費用です。

補助限度額は200万円、補助率は原則3分の2ですが、高額補助枠を利用すれば5分の4まで引き上げることができます。

申請はオンラインで行い、事業計画書、収支計画書、資金繰り表、法人設立登記簿謄本、直近の事業年度の決算書などが必要となります。

申請期限は2024年3月31日、補助金は交付決定後、実績報告に基づいて交付されます。

原則として返還義務はありませんが、不正行為などが発覚した場合には返還を求められる場合があります。

小規模事業者持続化補助金を利用すれば、比較的低コストでホームページを作成することができます。ホームページを作成することで、事業の売上拡大や顧客との関係強化に役立てることができます。

Related posts