ご依頼・無料相談はこちら 会社案内PDF

広島県府中市のホームページ制作・WEB制作会社1選+1社

広島県府中市のホームページ制作・WEB制作会社1選+1社

こんにちは、株式会社フムフムの広報やInstagramディレクターを担当してる奈美香です!

ホームページの制作やリニューアルを検討するとき、どの制作会社に依頼すればいいのかを見極めるのはとても大変ですよね。

近くの制作会社を選ぶと、対面での打ち合わせができたりトラブル時にすぐに対応してもらえるといったメリットがあります。

しかし、近さだけで選んでしまうとせっかく作ったホームページが無駄なものになってしまう可能性も…

今回は失敗しないホームページ制作のために、広島県府中市で制作会社を選ぶときに気をつけたいポイントや、おすすめの制作会社についてご紹介していきます。

目次

ホームページ制作会社を選ぶときの注意点

ホームページ制作は、どれひとつ同じものがありません。
デザイン、システム、管理のしやすさ、文章など様々な要素がそれぞれ大切な役割を果たしています。
だからこそ、事前の会社選びや調査がかなり重要になってくると考えています。

そこで、以下のポイントを挙げてみました。

  • デザインが好みの雰囲気かどうか
  • コミュニケーションが円滑に取れるかどうか
  • アフターサービス

ご自身の目的・要望・予算に合わせて最適な制作会社を選んでください。

デザインが好みの雰囲気かどうか

ホームページの見た目の部分を制作するWEBデザイナーは、依頼されたホームページの目的やターゲットなどを踏まえてデザインの制作をおこないます。

人が作るものですから、それぞれの雰囲気がしっくりくるかどうかが重要なポイントになります。

依頼する制作会社のホームページや、制作実績などを見て、デザインの雰囲気が「なんとなく好きだな」「あんまり好みじゃないな」など、しっくりくるかどうかをチェックしてみてください。

コミュニケーションが円滑に取れるかどうか

洋服を買うときのように、お金を払えば完成品が出てくる訳ではありません。
担当者同士が円滑にコミュニケーションを取ることが、良いホームページ制作の最も重要なポイントとも言えます。

ホームページ制作会社によってやり方は様々ですが、例えば、

  • 料金は安いが、写真やテキストなどの素材を自分たちで用意する必要があり、余計に手間と時間がかかってしまった
  • 担当者との打ち合わせが少なく、今どんな状況なのか分からない

など、別の業務に支障をきたす恐れもあります。

見積もり時に実際に担当者に会ってみたり、電話で話してみるなど、コミュニケーションが円滑に取れる担当者がついてくれるかもチェックしておきましょう。

アフターサービス

ホームページは作って終わりではなく、作ってからがスタートです。
そこからどのようにホームページを見てもらって、ビジネスに繋げていくかまでを考えなければ、お金をかけて作った意味がありませんよね。
さらに、ホームページにかかるランニングコストはなるべく抑えたい、と言うのが本音ではないでしょうか。

見落としがちなのが「アフターサービス」です。

ホームページを管理する(ブログを投稿したり、お知らせを更新する)機能をCMSと呼びますが、制作会社の独自CMSを導入するケースもよくあります。

独自に開発したCMSなので、開発者から直接使い方を聞けたり、メンテナンス等がスムーズといったメリットはありますが、デメリットもあります。

例えば、リニューアル時に別の制作会社に依頼しようと思った時など、使っているCMSについて把握できないためプロジェクトは難航することが考えられます。
さらに、また新たにCMSを導入するとなるとコストもかかってくるでしょう。

CMSにおいては、世界的にスタンダードな「WordPress」の利用がおすすめです。
WordPressを導入しておけば長い目で見た時に融通が効きます。

その他にも、WEBマーケティングやシステムの管理など、アフターサービスの内容についてもしっかり事前にチェックしておきましょう。

広島県府中市のホームページ制作会社

株式会社井上デザイン

グラフィック・Webデザインを軸に、商品のブランディングや企業の繁栄を支援する幅広いデザインワークを提供しています。伝えたいことをシンプルに、トータルイメージを大切にしながら新たな発想を生み出すことを重視しています

会社名 株式会社井上デザイン
所在地 広島県府中市高木町114-9
電話番号 0847-45-3933
設立

株式会社フムフムは広島県全域に対応しています!

最後に弊社の紹介もさせてください!
株式会社フムフムはWEB制作・SEO対策・Instagram運用のサービスをおこなう広島の制作会社です。
“広島で一番優しいWEB制作を”として、ご相談から納品までをワンストップでお任せいただけるホームページ制作をおこなっています。

社内に専任の編集者やカメラマンが在籍しているため、ホームページに必要な文章やキャッチコピー、写真の撮影まで、全てお任せください!ご担当者様の手間と時間を最低限に抑えた、円滑なコミュニケーションと制作フローでお手伝いさせていただきます。

対面でのコミュニケーションを大切にしておりますので、県内全域どこへでも伺います!

こんな方におすすめ!

・キャッチコピーやテキストライティングもまとめて頼みたい方
・WEB制作のほかにSEO対策やSNSについてもサポートしてほしい方

会社名 株式会社フムフム
所在地 広島市西区楠木町1-10-24 第二奥田ビル1F
電話番号 070-9000-7474
設立 2021年5月

>>株式会社フムフムのホームページ

Web制作会社の選び方!初心者向けにコツや注意点を解説

ホームページ制作を依頼する前に、6つの準備が必要です。その後に、Web制作会社選びの注意点7つと、依頼する際の2つのコツをご紹介します。また、ホームページ制作のポイントも押さえておきましょう。これらの内容を踏まえ、Web制作会社の選び方を解説します。

Web制作会社に依頼する前の6つの準備

Web制作会社に依頼する前に、6つの準備が必要です。まず、ホームページ制作の目的を明確にして、ターゲットを絞り込みましょう。次に、サイト選びのポイントを押さえ、自社の強みを見つけることが大切です。さらに、予算と公開時期を決めることで、スムーズな制作を進められます。これらの準備を怠らずに進めることで、Web制作会社に依頼して満足のいくホームページを作成することができます。

ホームページ制作の目的を明確にする

ホームページ制作を成功させるためには、まずその目的を明確にすることが重要です。ホームページで何を伝えたいのか、どのようなユーザーにアクセスしてほしいのか、そして最終的にどのような行動を起こしてもらいたいのかなどを明確にすることで、ホームページの構成やデザイン、コンテンツを効果的に決めることができます。

ホームページの目的は、大きく分けて以下のようなものがあります。

  • 認知度向上: 自社や製品・サービスの認知度を高め、潜在顧客を獲得する。
  • ブランディング: 自社のイメージを向上させ、顧客ロイヤルティを高める。
  • 販売促進: 商品やサービスを直接販売し、収益を上げる
  • 情報提供: 情報を顧客に提供し、顧客とのエンゲージメントを高める。
  • 問い合わせ獲得: 顧客からの問い合わせを獲得し、営業活動につなげる。

あなたのホームページの目的は何ですか? 上記のような目的をいくつか組み合わせることも可能です。

目的を明確にすることで、ホームページの制作方針が定まり、より効果的なホームページを作ることができます。

ターゲットを明確に設定する方法

ターゲットを明確に設定することは、 Web制作の成否を左右する重要な要素です。ターゲット層を絞り込むことで、より効果的なコンテンツの作成や、適切なマーケティング戦略の立案が可能となります。

まず、自社サービスや製品を利用する可能性のある潜在顧客の分析から始めます。年齢、性別、居住地、職業、趣味嗜好など、さまざまな角度から顧客像を描き出し、共通点を見つけ出しましょう。

分析したデータをもとに、具体的な顧客像である「ペルソナ」を作成します。ペルソナは、架空の顧客像ですが、実在する人物のように詳細なプロフィールや、行動パターン、悩みなどを設定することで、より具体的なマーケティング戦略の立案が可能となります。

ペルソナを作成したら、さらにターゲットを絞り込みます。ペルソナをいくつかのグループに分類し、より具体的で、かつ実現可能なターゲット層を設定しましょう。

近年では、Google アナリティクスや Facebook広告の分析機能など、さまざまなターゲット分析ツールが利用できます。これらのツールを活用することで、より精緻なターゲット分析が可能となり、より効果的なマーケティング戦略の立案に役立ちます。

ターゲットを明確に設定することで、Web制作の目的が明確化され、より効果的なコンテンツの作成、適切なマーケティング戦略の立案が可能となります。また、ターゲット設定は時間をかけて継続的に見直すことが重要です。常に最新の情報を基にターゲット分析を行い、必要に応じて見直しを行うことで、常に効果的なマーケティング戦略を継続することができます。

サイト選びのポイントを押さえる

ホームページ制作会社選びに迷ったら、以下のポイントを押さえてサイト選びをしましょう。

  • 制作実績を確認する 有名な企業のホームページ制作実績があれば、会社の技術力の高さを証明しています。
  • デザイン力を重視した制作会社の選び方 自社のイメージに合ったウェブサイトを作ってもらいやすくなります。
  • 業種に近い制作実績があるか確認する より専門的な知識を持つ会社を選ぶことができます。
  • 見積もりと納期を確認する 各項目の内容や金額をしっかりと把握しましょう。
  • 納期についても事前に確認しておくことが重要です 余裕を持ったスケジュールで制作を進めることができます。

これらのポイントを押さえることで、自社に最適なホームページ制作会社を選ぶことができます。

自社の強みを見つけるポイント

ホームページ制作において、自社の魅力を明確化することは成功への重要な鍵となります。ここでは、自社の強みを見つけるポイントをいくつかご紹介します。

1. 競合調査を行い、差別化ポイントを探す

まずは、競合他社のホームページやサービスを分析し、自社との違いを明確にすることから始めましょう。競合他社が提供しているサービスや強み、ターゲット層などを分析することで、自社の差別化ポイントを浮き彫りにすることができます。

2. 自社の歴史や経験を振り返る

自社の歴史や経験は、独自の強みとなる可能性があります。これまでどのような事業を行ってきたのか、どのようなノウハウを蓄積してきたのか、振り返ってみましょう。過去の成功事例や顧客からの評価などを分析することで、自社の強みを見つけ出すことができます。

3. 社員一人ひとりの能力やスキルを把握する

社員一人ひとりの能力やスキルも、自社の強みとなります。得意な分野や経験、資格などを把握することで、他社にはない強みを発見することができるかもしれません。

4. 顧客の声に耳を傾ける

顧客から寄せられた声は、自社の強みを発見するための貴重なヒントとなります。顧客が満足している点、改善してほしい点などを分析することで、自社の強みと弱みを客観的に把握することができます。

5. 第三者の意見を求める

業界関係者やコンサルタントなど、第三者の意見を求めるのも有効です。客観的な視点から自社の強みと弱みを指摘してもらうことで、気づかなかった強みを発見できるかもしれません。

自社の強みを見つけることは、ホームページ制作において重要なだけでなく、事業戦略全体においても重要な役割を果たします。上記のポイントを参考に、自社の強みを明確化し、魅力的なホームページを制作しましょう。

予算を設定する際のポイント

ホームページ制作を依頼する前に、予算の設定は重要なポイントです。 ここでは、予算を設定する際の3つのポイントを紹介します。

  • 1. 目的を明確にする

最初に、ホームページ制作の目的を明確にする必要があります。 情報発信、顧客獲得、ブランディングなど、目的によって必要な機能やデザインが異なります。 目的が明確になれば、必要な機能やデザインが絞り込まれ、予算設定がしやすくなります。

  • 2. 費用対効果を考える

ホームページ制作には、初期費用だけでなく、運用費用や保守費用もかかります。 費用対効果を考え、長期的に見てコストを抑えることが大切です。 複数の制作会社から見積もりを取り、費用と機能を比較検討しましょう。

  • 3. 余裕を持たせる

ホームページ制作には、 unforeseen costs がかかる可能性があります。 unforeseen costs に備え、予算には余裕を持たせることをおすすめします。

公開時期を決めるためのステップ

公開時期を決定する際には、ターゲットのライフスタイルや競合他社の動向、自社のイベントやキャンペーン、季節性のある商品やサービスの販売時期などを考慮する必要があります。また、十分な準備期間を確保することも大切です。これらのステップを参考に、最適な公開時期を決定しましょう。

Web制作会社の選び方!初心者向けにコツや注意点を解説

初めてホームページ制作を依頼する方にとって、制作会社選びは重要なポイントです。そこで、初心者向けにWeb制作会社の選び方のコツや注意点について解説します。

<1. 制作実績をチェックする>

ホームページ制作会社の選び方において、最も重要なポイントの一つが制作実績です。制作実績は、その会社のスキルや経験を判断する材料となります。

実際に制作したホームページのサンプルを見ることができるか、自分が作りたいホームページと近いジャンルのホームページを制作した実績があるか、クライアントからの評価が掲載されているかなど、制作実績を確認する際には以下の点に注意しましょう。

<2. 見積もりと納期を事前に確認する>

ホームページ制作を依頼する前に、見積もりと納期は必ず確認する必要があります。見積もりは、制作料金や納期などを含めた詳細な内容が記載されていることが重要です。また、納期は余裕を持ったスケジュールで設定されているかどうかも確認しましょう。

<3. 対面打ち合わせの可否を把握する>

ホームページ制作において、対面打ち合わせは非常に重要です。対面打ち合わせでは、クライアントと制作会社との間で意見交換を行い、ホームページの方向性を決めることができます。そのため、対面打ち合わせが可能な制作会社を選ぶことが重要です。

これらのポイントを参考に、最適なホームページ制作会社を選びましょう。

この先は、ネストされたヘッドラインで詳しく説明します。

制作実績を確認する方法

  • 制作会社が実際に制作したホームページのサンプルを見ることができる
  • 自分が作りたいホームページと近いジャンルのホームページを制作した実績がある
  • クライアントからの評価が掲載されている

見積もりと納期の確認方法

  • 見積もりは、制作料金や納期などを含めた詳細な内容が記載されている
  • 納期は余裕を持ったスケジュールで設定されている

対面打ち合わせの可否を確認するポイント

  • 対面打ち合わせが可能か
  • 対面打ち合わせの場所や時間帯

これらのポイントを参考に、最適なホームページ制作会社を選びましょう。

制作実績を確認する方法

ホームページ制作会社の選び方において、制作実績は重要な判断材料となります。制作実績を確認することで、会社の技術力やデザイン力、そして業種に対する理解度などを把握することができます。

制作実績を確認する方法はいくつかあります。

  • 会社のホームページに掲載されている実績を確認する
  • 制作会社に問い合わせて、実績資料を請求する
  • 制作会社の制作実績を掲載しているポータルサイトを利用する

制作実績を確認する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 有名企業のホームページ制作実績があるか
  • 自社の業種に近い制作実績があるか
  • デザインや機能が自社のイメージに合っているか

これらのポイントを参考に、制作実績を比較検討することで、自社に最適なホームページ制作会社を選ぶことができます。

次に、有名企業のホームページ制作実績があるか、デザイン力を重視した制作会社の選び方、業種に近い制作実績があるかについて詳しく説明します。

有名な会社のホームページを作った実績があるか確認

ホームページ制作会社を選ぶ際には、実績を必ず確認しましょう。実績豊富な会社は、様々な業種のホームページを制作してきた経験があり、クライアントの要望を的確に理解し、高品質なホームページを制作することができます。

特に、有名企業のホームページを制作した実績がある会社は、技術力やノウハウが豊富であることが期待できます。有名企業のホームページは、多くのユーザーに見られるため、高い品質が求められます。そのため、有名企業のホームページを制作した実績がある会社は、高い技術力とノウハウを持っている可能性が高いです。

有名企業のホームページ制作実績があるかどうかは、ホームページ制作会社のウェブサイトやパンフレットなどで確認することができます。また、制作会社に直接問い合わせて確認することも可能です。

有名企業のホームページを作った実績があるかどうかは、ホームページ制作会社を選ぶ際の重要な判断基準の一つです。実績豊富な会社を選ぶことで、高品質なホームページを制作してもらうことができる可能性が高まります。

ホームページ制作会社を選ぶ際には、実績を必ず確認しましょう。特に、有名企業のホームページを制作した実績がある会社は、技術力やノウハウが豊富であることが期待できます。有名企業のホームページ制作実績があるかどうかは、ホームページ制作会社のウェブサイトやパンフレットなどで確認することができます。また、制作会社に直接問い合わせて確認することも可能です。

有名企業のホームページを作った実績があるかどうかは、ホームページ制作会社を選ぶ際の重要な判断基準の一つです。実績豊富な会社を選ぶことで、高品質なホームページを制作してもらうことができる可能性が高まります。

デザイン力を重視した制作会社の選び方

ホームページ制作において、デザイン力は重要な要素の一つです。魅力的で印象的なデザインは、ユーザーの視線を捉え、ブランドイメージを向上させ、コンバージョン率を高める効果があります。

デザイン力を重視した制作会社を選ぶには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 実績を確認する: 過去の制作実績を見て、デザインのクオリティや好みが自分のイメージに合っているかどうかを確認しましょう。
  • デザイナーのスキルを確認する: デザイナーのスキルや経験を確認しましょう。ポートフォリオがあれば、デザインのセンスや技術レベルを判断することができます。
  • デザインの方向性を確認する: デザインの方向性について、制作会社とよくコミュニケーションを取りましょう。ターゲット層やブランドイメージに合わせたデザインを提案してくれる会社を選びましょう。
  • デザインの修正対応を確認する: デザインの修正に対応してくれるかどうかを確認しましょう。修正回数や料金などについても事前に確認しておきましょう。

デザイン力は、ホームページの成功を左右する重要な要素です。デザイン力を重視した制作会社を選ぶことで、魅力的で効果的なホームページを実現することができます。

業種に近い制作実績があるか確認する

ホームページ制作会社を選ぶ際には、業種に近い制作実績があるかどうかを確認することが重要です。業種に特化した制作会社であれば、その業種のニーズや課題を理解しているため、より効果的なホームページを作成することができます。

例えば、飲食店のホームページを作成する場合、飲食店向けのホームページを多数手がけている制作会社を選ぶと良いでしょう。そうすることで、飲食店の集客や売上アップに役立つホームページを作成してもらうことができます。

また、制作実績を見ることで、その制作会社のデザイン力や技術力を確認することもできます。自社と同じような業種のホームページが掲載されていれば、その制作会社のデザインや技術力が自社のニーズに合っているかどうかを判断することができます。

制作実績を確認する際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 実績の豊富さ: 制作実績が多い会社は、経験が豊富で、幅広い業種のホームページを作成している可能性が高いです。
  • 業種への理解度: 業種に特化した制作会社であれば、その業種のニーズや課題を理解しているため、より効果的なホームページを作成することができます。
  • デザイン力: 制作実績を見て、その制作会社のデザイン力が自社のニーズに合っているかどうかを判断しましょう。
  • 技術力: 制作実績を見て、その制作会社の技術力が自社のニーズに合っているかどうかを判断しましょう。

業種に近い制作実績がある制作会社を選ぶことで、より効果的なホームページを作成することができます。

見積もりと納期の確認方法

ホームページ制作を依頼する際には、見積もりと納期の確認が重要です。見積もりは、制作に必要な費用を確認するためのものであり、納期は、制作が完了するまでの期間を確認するためのものであります。

見積もりと納期の確認方法は、企業によって異なりますが、一般的には以下の方法が用いられます。

  • 見積もり依頼フォーム
  • メール
  • 電話

見積もり依頼フォームは、ホームページ制作会社のウェブサイトに設置されていることが多いです。見積もり依頼フォームに必要事項を入力し、送信することで見積もりを依頼することができます。

メールや電話で直接見積もりを依頼することも可能です。メールや電話で依頼する場合は、ホームページ制作会社の連絡先を確認する必要があります。

見積もりと納期の確認方法について詳しくは、以下の項目をご覧ください。

  • Web制作見積もりでよく見られる項目
  • 納期の目安を把握する方法
Web制作見積もりでよく見られる項目

ホームページ制作を依頼する際には、必ず見積もりを確認する必要があります。見積もりには、制作費や納期など、さまざまな項目が記載されています。ここでは、Web制作見積もりでよく見られる項目をリストアップし、それぞれの項目について解説します。

1. 企画・構成費

企画・構成費は、ホームページの企画や構成を作成するための費用です。企画・構成には、ターゲットユーザーの分析や、サイトマップの作成、コンテンツの作成などが含まれます。

2. デザイン費

デザイン費は、ホームページのデザインを作成するための費用です。デザインには、ワイヤーフレームの作成、デザインモックアップの作成、コーディングなどが含まれます。

3. 開発費

開発費は、ホームページを実際に開発するための費用です。開発には、サーバーの構築、プログラミング、データベースの設定などが含まれます。

4. 運用保守費

運用保守費は、ホームページを公開後、保守管理するための費用です。運用保守には、サーバーの保守管理、セキュリティ対策、コンテンツの更新などが含まれます。

5. 諸経費

諸経費は、上記以外の費用です。諸経費には、ドメイン取得費用、サーバーレンタル費用、画像素材購入費用などが含まれます。

これらの項目は、制作会社によって異なる場合がありますが、一般的にはこの5つの項目が記載されています。見積もりを確認する際には、それぞれの項目がどのような内容なのか、しっかりと確認することが大切です。

参考:

納期の目安を把握する方法

ホームページ制作において、納期は重要な要素の一つです。制作期間が長すぎると、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性があります。逆に、短すぎると、十分な品質のホームページが完成しないかもしれません。

そこで、ここでは納期の目安を把握する方法を紹介します。

<一般的な納期>

ホームページ制作の一般的な納期は、5~10週間程度です。ただし、これはあくまで目安であり、ページ数やデザインの複雑さ、制作会社のスケジュールなどによって、大きく異なる場合があります。

<納期を左右する要素>

ホームページ制作の納期を左右する要素は、大きく分けて4つあります。

  • ページ数:ページ数が多いほど、制作期間も長くなります。
  • デザインの複雑さ:デザインが複雑なほど、制作期間も長くなります。
  • 制作会社のスケジュール:制作会社が複数の案件を抱えている場合、納期が遅れる可能性があります。
  • 修正回数:修正回数が多いほど、制作期間も長くなります。

<納期を短縮する方法>

納期を短縮したい場合は、以下の方法が有効です。

  • ページ数を減らす:必要なページのみを作成することで、制作期間を短縮できます。
  • デザインを簡素化する:デザインを簡素化することで、制作期間を短縮できます。
  • 制作会社に余裕がある時期に依頼する:制作会社が複数の案件を抱えている場合は、納期が遅れる可能性があります。余裕がある時期に依頼することで、納期を短縮できます。
  • 修正回数を減らす:修正回数を減らすことで、制作期間を短縮できます。

<納期の目安を把握する>

納期の目安を把握するには、複数の制作会社に問い合わせて、見積もりを取ることをおすすめします。見積もりを取ることで、各制作会社の納期や料金を比較することができます。

また、ホームページ制作の経験がある人に相談することも有効です。経験者であれば、納期の目安や制作会社選びのポイントなどを教えてくれるでしょう。

対面打ち合わせの可否を確認するポイント

ホームページ制作を依頼する際には、制作会社とのコミュニケーションが重要となります。特に、デザインや機能など詳細な打ち合わせが必要となるため、対面での打ち合わせが可能な会社を選ぶことをおすすめします。

対面打ち合わせの有無を確認するポイントは以下です。

・会社所在地を確認する

会社所在地が遠方の場合、対面での打ち合わせは困難となります。会社所在地を確認し、可能であれば対面での打ち合わせが可能な会社を選択しましょう。

・会社ホームページや資料を確認する

会社ホームページや資料に、対面打ち合わせに関する情報が掲載されている場合があります。対面打ち合わせの可否や実施方法について確認しましょう。

・問い合わせをする

疑問点や不安点を解消するためにも、直接会社に問い合わせをすることをおすすめします。対面打ち合わせの可否や実施方法について問い合わせましょう。

対面打ち合わせのメリット

  • 双方の意見や要望を直接伝えられる
  • 資料やサンプルを共有しやすい
  • より具体的な打ち合わせが可能
  • より深い信頼関係を築ける

対面打ち合わせは、よりスムーズなホームページ制作を進めるために有効な手段です。会社選びの際には、対面打ち合わせの可否を確認し、可能な会社を選択するようにしましょう。

制作会社を選ぶときの注意点7つ

ホームページ制作会社を選ぶときは、以下の7つのポイントに注意しましょう。

  • 営業トークに惑わされないコツ
    • 具体的な数字や実績をもとに、実現可能な提案をしているかを確認しましょう。
  • 詳細見積もりで最終金額を確認する方法
    • すべての費用が明示されており、追加料金が発生しないかを確認しましょう。
  • 納品日と公開日の違いを理解する
    • 納品日は完成したホームページのデータを受け取る日、公開日はホームページをインターネット上に公開する日です。
  • 価格だけでなく他の要素も考慮する
    • 価格だけでなく、技術力や実績、アフターサポートなども考慮しましょう。
  • 運営体制を把握するためのポイント
    • ホームページの運用には専門知識が必要なため、運用体制が整っているかを確認しましょう。
  • 納品物と取扱方法の確認ポイント
    • 納品物にどのようなものがあるのか、どのように取り扱えばいいのかを確認しましょう。
  • 公開後の維持費について考慮する
    • ホームページを公開した後も、サーバー代やドメイン代、更新費用などが発生します。

これらのポイントをしっかりと押さえることで、失敗のないホームページ制作を実現できます。

次のページでは、各ポイントについて詳しく解説していきます。

営業トークに惑わされないコツ

ホームページ制作会社を選ぶ際、営業トークに惑わされてしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、営業トークに惑わされないためのコツをご紹介します。

  • 実績を確認する: 制作会社のホームページやパンフレットには、実績が掲載されていることがほとんどです。実績を見て、制作会社の得意分野やデザインの傾向などを確認しましょう。
  • 見積もりを比較する: 見積もりは複数の制作会社から取り、比較検討するようにしましょう。見積もり項目や金額だけでなく、納期やアフターフォローなども確認しましょう。
  • 担当者の話をよく聞く: 制作会社を選ぶ際には、担当者の話をよく聞くことが大切です。ホームページ制作についての知識や経験、そして会社の雰囲気などを把握しましょう。
  • 契約内容をしっかり確認する: 契約内容には、制作物の内容や納期、支払い方法などが記載されています。契約前にしっかりと確認し、不明な点は必ず質問しましょう。

営業トークに惑わされずに、納得のいくホームページ制作会社を選ぶようにしましょう。

詳細見積もりで最終金額を確認する方法

ホームページ制作の最終的な費用を知るには、詳細な見積もりを取得することが欠かせません。見積もりには、制作費だけでなく、運用費やサーバー代など、さまざまな費用が記載されているケースがほとんどです。

そこで、詳細見積もりから最終金額を正確に把握するためのポイントを確認しましょう。

まず、見積もりに記載されている各項目の費用を確認しましょう。一般的に、ホームページ制作では以下の項目が記載されている場合が多いです。

  • 企画・ディレクション費: 企画から完成までの進捗管理など
  • デザイン費: デザイン制作にかかる費用
  • コーディング費: プログラミングにかかる費用
  • サーバー代: ホームページを公開するサーバーにかかる費用
  • ドメイン代: ホームページのアドレスとなるドメインにかかる費用
  • 保守管理費: ホームページの更新やバグ修正にかかる費用

各項目の費用を明確に理解することで、ホームページ制作にかかる全体像を把握することができます。

見積もりに含まれていない費用もいくつか存在します。

  • 撮影費: ホームページに掲載する画像を撮影する場合の費用
  • ライティング費: ホームページに掲載する文章を執筆する場合の費用
  • 印刷費: パンフレットや名刺などを作成する場合の費用

これらの費用は、必要に応じて別途見積もりが必要となります。

上記で確認した項目の費用と、別途見積もりが必要な費用の合計額が、ホームページ制作の最終的な費用となります。

ホームページ制作会社との契約前に、最終的に発生する費用をしっかりと確認することが大切です。そうすることで、予算超過などのトラブルを回避することができます。

ホームページ制作を検討する際は、納得のいくまで詳細な見積もりと打合せを重ねて、理想のホームページを実現しましょう。

納品日と公開日の違いを理解する

ホームページ制作において、納品日と公開日は混同されがちですが、実は異なる意味を持ちます。

納品日は制作会社が制作物をクライアントに引き渡す日です。制作物が完成し、最終確認が完了したタイミングで、クライアントにデータやソースコードが渡されます。

公開日はホームページがインターネット上に公開され、一般ユーザーが閲覧できるようになる日です。納品後、クライアントがドメインの設定やサーバーへのアップロードなどの作業を行い、公開日が決定されます。

納品日と公開日の間には、クライアントによる作業が発生するため、公開日は納品日よりも後になります。公開までの期間は、クライアントの作業内容や規模によって異なります。

納品日と公開日の違いを理解することで、プロジェクトのスケジュールを適切に管理することができ、スムーズなウェブサイト制作を進めることができます。

<納品日と公開日の違いによる注意点>

  • 公開日の遅れを防ぐため、納品日までに必要な作業を完了しておく必要があります。
  • 公開までに必要な作業は、クライアントと制作会社で事前に確認しておくことが重要です。
  • 公開日の遅れは、SEO対策やマーケティング活動に影響を与える可能性があります。

納品日と公開日の違いを理解し、適切なスケジュール管理を行うことで、ウェブサイト制作を成功させることができます。

価格だけでなく他の要素も考慮する

ホームページ制作会社の選び方として、価格だけでなく他の要素も考慮することが重要です。

考慮すべき要素は以下の通りです。

  • 制作実績:
    • 会社の規模や業種
    • デザインのクオリティ
    • 過去の制作実績
  • 見積もりと納期:
    • 見積もりの詳細
    • 納期の明確さ
  • 対面打ち合わせの可否:
    • 担当者とのコミュニケーションの取りやすさ
    • 打ち合わせの頻度
  • 運営体制:
    • 会社の規模
    • スタッフの質
  • 納品物と取扱方法:
    • 納品物の形式
    • 取扱方法の説明の有無
  • 公開後の維持費:
    • サーバー費用
    • ドメイン費用

価格だけで判断すると、後々問題が発生する可能性があります。

これらの要素を総合的に判断することで、満足度の高いホームページ制作会社を選ぶことができます。

運営体制を把握するためのポイント

ホームページ制作会社を選ぶ際に、制作実績や見積もり、納期など様々なポイントをチェックする必要がありますが、その中でも忘れてはいけないのが「運営体制」の確認です。運営体制がしっかりしている会社は、アフターフォローも充実しており、トラブルが発生した場合にも迅速に対応してくれることが期待できます。

では、どのような点に注目すれば運営体制の良し悪しを判断できるのでしょうか。以下にチェックポイントを挙げます。

  • スタッフの人数と構成: 制作会社には、ディレクター、デザイナー、コーダー、マーケターなど様々な職種のスタッフが在籍しています。スタッフの数が多く、各分野の専門家が揃っている会社は、幅広いニーズに対応できる体制が整っていると言えます。
  • 実績と経験: 運営体制がしっかりしている会社は、豊富な実績と経験を持っています。実績が多い会社は、様々な案件を手がけてきたノウハウを持っているため、より質の高いホームページを制作することが期待できます。
  • サポート体制: トラブルが発生した場合に備えて、充実したサポート体制が整っていることも重要です。電話やメールだけでなく、チャットやオンラインミーティングなど、様々な手段で迅速に対応してくれる会社を選びましょう。
  • 社内のコミュニケーション: 複数のスタッフが携わるホームページ制作において、社内のコミュニケーションが円滑に取れていることは重要です。スタッフ同士が密に連携することで、より質の高いホームページを制作することができます。

これらのポイントを参考に、運営体制がしっかりしているホームページ制作会社を選びましょう。そうすることで、アフターフォローも充実しており、安心してホームページ制作を任せられるでしょう。

納品物と取扱方法の確認ポイント

納品物の提供方法や独自システムの有無など、様々な要素があります。提供方法については、デザインデータの形式や納品方法を確認する必要があります。独自システムの有無については、仕様や取扱方法を確認する必要があります。その他にも、取扱上の注意事項や保管方法を確認する必要があります。これらの確認ポイントは、品質や取扱方法に影響するため、事前に確認することが重要です。

デザインデータの提供方法

ホームページ制作会社に依頼すると、デザインデータの提供方法について確認があります。主に以下の2つの方法があります。

1. 制作会社が納品したデータをそのまま提供

制作会社が使用したソフトウェアや形式でデータが提供されます。この方法のメリットは、制作会社が修正や更新しやすいことです。デメリットは、自社で修正や更新することが難しいことです。

2. 制作会社がデータをわかりやすい形式に変換して提供

制作会社が使用したソフトウェアや形式とは異なる、汎用性の高い形式でデータが提供されます。この方法のメリットは、自社で修正や更新しやすいことです。デメリットは、制作会社が修正や更新することが難しいことです。

どちらの方法を選ぶかは、自社のニーズや技術力によって異なります。自社で修正や更新をする必要がない場合は、1の方法がおすすめです。逆に、自社で修正や更新をする必要がある場合は、2の方法がおすすめです。

また、デザインデータの提供方法以外にも、以下の点についても確認が必要です。

  • データのファイル形式
  • データの納品方法
  • データの著作権

これらの点について、事前に制作会社と確認しておくことが重要です。

独自システムの有無を確認する

ホームページ制作会社を選ぶ際には、独自システムの有無を確認することも重要です。独自システムとは、制作会社が独自に開発したシステムのことを指します。

独自システムの有無を確認する理由は大きく2つあります。

1つ目は、効率的な運用が可能になることです。独自システムがあれば、制作会社は効率的に業務を遂行することができます。その結果、納期が短くなったり、コストが削減されたりする可能性があります。

2つ目は、柔軟な対応が可能になることです。独自システムがあれば、制作会社は顧客の要望に柔軟に対応することができます。例えば、特定の機能を追加したり、デザインをカスタマイズしたりすることが容易になります。

もちろん、独自システムの有無だけで制作会社を選ぶことはできません。しかし、独自システムがある制作会社は、効率的な運用と柔軟な対応が期待できるため、選択肢の一つとして検討する価値はあるでしょう。

<独自システムのメリット>

  • 効率的な運用が可能
  • 柔軟な対応が可能
  • 顧客のニーズに合わせたカスタマイズが可能

<独自システムのデメリット>

  • 開発コストがかかる
  • 導入に時間がかかる
  • 専門知識が必要

<独自システムの有無を確認する方法>

  • 制作会社のホームページを確認する
  • 制作会社に問い合わせる

独自システムの有無は、ホームページ制作会社を選ぶ際の重要なポイントです。独自システムがあれば、効率的な運用と柔軟な対応が期待できます。しかし、開発コストや導入時間などのデメリットもあるため、総合的に判断する必要があります。

公開後の維持費について考慮する

ホームページは公開後も継続的な運用が必要です。更新費用やサーバー代、ドメイン代などの維持費がかかります。制作会社によっては保守管理サービスを提供している場合もあります。予算に余裕があれば、保守管理サービスを利用すると、更新作業やトラブル対応を任せられるので便利です。

公開後の維持費を考慮して、制作会社を選ぶことが大切です。

公開後の維持費を確認する方法

  • 見積もり時に確認する
  • 制作会社に問い合わせる
  • ホームページに掲載されている情報を確認する

Web制作会社に依頼する際の2つのコツ

Web制作会社に依頼する際は、以下の2つのコツを意識すると、より満足度の高いウェブサイト制作を実現できます。

  1. イメージ共有の重要性
  2. 打ち合わせ記録の重要性

イメージ共有の重要性

Web制作において、イメージ共有は非常に重要なプロセスです。イメージ共有とは、クライアントと制作会社が、プロジェクトの方向性やデザインイメージを共有し、共通認識を持つことです。このプロセスがうまくいくことで、プロジェクトの成功率が上がり、納期短縮やコスト削減にもつながります。

イメージ共有は、主に以下の方法で行われます。

  • ヒアリング: クライアントの事業内容やターゲット層、競合他社についてヒアリングを行い、プロジェクトの方向性を明確にします。
  • リファレンスサイト: クライアントがイメージするデザインや雰囲気を明確にするために、リファレンスサイトを提示してもらいます。
  • ラフデザイン: 制作会社がヒアリングやリファレンスサイトをもとに、ラフデザインを作成し、クライアントに提示します。
  • フィードバック: クライアントからラフデザインに対するフィードバックをもらい、デザインを修正します。

イメージ共有を成功させるためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 明確なコミュニケーション: クライアントと制作会社は、お互いの意見を明確に伝え、疑問点があればすぐに解決する必要があります。
  • 具体的なイメージ: クライアントは、イメージを漠然と伝えるのではなく、具体的なイメージを伝える必要があります。
  • 柔軟性: 制作会社は、クライアントの意見を柔軟に受け入れ、デザインを修正する必要があります。

イメージ共有は、プロジェクトの成功に欠かせない重要なプロセスです。クライアントと制作会社が協力して、イメージを共有することで、プロジェクトの成功率を上げることができます。

打ち合わせ記録の重要性

信頼できる情報源:

  • Webページ
  • データベース
  • 知識グラフ

関連情報:

  • 打ち合わせ記録の重要性
  • 打ち合わせ記録のメリット
  • 打ち合わせ記録の記録内容
  • 打ち合わせ記録のツール

<打ち合わせ記録の重要性>

ホームページ制作において、打ち合わせ記録は非常に重要な役割を果たします。打ち合わせの内容を正確に記録することで、後から確認したり、問題解決に役立てることができます。

打ち合わせ記録には、以下のメリットがあります。

  • 記憶違いを防ぐ
  • 曖昧な点を明確化する
  • 後から確認できる
  • 問題解決に役立てる

打ち合わせ記録は、以下の内容を記録することが重要です。

  • 日時と場所
  • 参加者
  • 議題
  • 決定事項
  • 課題

打ち合わせ記録は、手書きでもデジタルでも構いませんが、後から見返しやすく、共有しやすいデジタル記録がおすすめです。

打ち合わせ記録は、ホームページ制作の成功に欠かせない要素です。打ち合わせの内容を正確に記録することで、プロジェクトの円滑な進行を図りましょう。

<打ち合わせ記録のツール>

打ち合わせ記録には、様々なツールを利用できます。代表的なツールを以下に紹介します。

  • Google ドキュメント
  • Microsoft Word
  • Evernote
  • Trello

これらのツールは、それぞれ特徴があり、用途に合わせて選ぶことができます。

打ち合わせ記録は、ホームページ制作において非常に重要です。打ち合わせの内容を正確に記録することで、プロジェクトの円滑な進行を図り、成功に導くことができます。

ホームページ制作のポイントを押さえる

ホームページは会社の顔であり、顧客との接点となる重要なツールです。効果的なホームページを作成するためには、制作会社選びが重要です。ここでは、ホームページ制作のポイントについて解説します。

ホームページの目的は、顧客とのコミュニケーションなのか、商品の販売なのかなど、明確にする必要があります。目的が明確になると、ターゲットとなる顧客像やホームページに必要な機能が見えてきます。

ホームページのターゲットとなる顧客層を明確にすることで、より効果的なコンテンツやデザインを作成することができます。年齢、性別、職業、趣味など、ターゲットの属性をできるだけ具体的に設定しましょう。

ホームページの構成を明確にするために、サイトマップを作成します。サイトマップは、ホームページの階層構造や各ページの内容を視覚的に表した図です。サイトマップを作成することで、ユーザーが迷わずに目的の情報にアクセスできるようになります。

ホームページには、顧客にとって価値のあるコンテンツを充実させる必要があります。顧客が求めている情報や、商品・サービスの魅力を伝えるコンテンツを作成しましょう。

ホームページのデザインは、顧客に好印象を与えることが重要です。ターゲット層に合わせたデザインを選択し、使いやすさと視認性を両立させる必要があります。

ホームページを検索エンジンで上位表示させるために、SEO対策を実施することが重要です。キーワード選定やコンテンツの最適化などを行い、検索エンジンからの流入を増やす必要があります。

これらのポイントを押さえることで、効果的なホームページを作成することができます。ホームページ制作を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

まとめ: Web制作会社の選び方を解説

信頼できるWeb制作会社は、あなたのホームページの成功に大きく貢献します。 Web制作会社に依頼する前に、ホームページ制作の目的、ターゲット、予算、公開時期などを明確にしておきましょう。 制作会社は実績、見積もり、納期、対応などをもとに選びます。 営業トークや価格だけでなく、運用体制や維持費なども確認することが大切です。 ホームページ制作を成功させるためには、イメージの共有と打ち合わせの記録も重要です。

Related posts