株式会社フムフム

カスタムフィールドの管理がしやすい「Smart Custom Fields」

才木 ケイ

カスタムフィールドとは

WordPressで標準で用意されている入力フォームに追加で入力する情報を増やせるのがカスタムフィールドです。

通常の投稿であれば、「タイトル」「本文」だけで事足りるのですが、そこに付随して毎回入れたい情報がある場合入力フォームを用意することで決まった形で表示できるので役に立ちます。

カスタムフィールドを扱うプラグインで有名なものに「Advanced Custom Fields」というプラグインがありますが、より使いやすいと感じた「Smart Custom Fields」をご紹介しようと思います。

ここが使いやすい「Smart Custom Fields」

標準機能で繰り返しフィールドが使える

決まった項目を埋めていくだけでなく増減する項目を追加したいときに繰り返しフィールドを使うのですが「Advanced Custom Fields」の場合、無料バージョンでは使用できず有料バージョンを使用するしかありません。

しかし「Smart Custom Fields」の場合は標準機能として利用できます。
これだけでも「Smart Custom Fields」を採用する理由になりそう。

グループ【てすと1・てすと2】の項目を増やしていける。

テーマ内で管理して定番のカスタマイズを流用

通常の追加方法として管理画面からカスタムフィールドを追加することができます。

管理画面でカスタムフィールドを追加している様子

ただ毎回この作業をするとなると1つや2つならば良いですが多数のカスタムフィールドを追加する場合、わりと時間がかかってしまいます。

「Smart Custom Fields」ではテーマ内(function.phpなど)でカスタムフィールドを定義することができ、コードベースでカスタムフィールドを管理することができます。

この機能によって

  • 別の環境に移す(また同じカスタムフィールドを追加していかないと…)
  • 以前使っていたカスタムフィールドに戻す(前どんな名前で追加してたっけ…)
  • 似たようなカスタムフィールドを多数追加する(同じような入力フォームを追加していくの面倒くさい…)

このようなタイミングでめちゃめちゃ便利です。

せっかく利便性を上げるためにプラグインやカスタムフィールドを使っているのに管理しづらくなっては意味がありません。
今後のホームページの運用や管理の仕方をしっかり考え、利用方法にあったプラグインを利用しましょう。