株式会社フムフム

窓側派?通路側派?出張時のANA飛行機おすすめ座席位置はここ!

市川梅

広島空港の定期国内線便は5つの都市と繋がっています。東京、仙台、札幌などなど…出張で利用される方も多いのではないでしょうか?

わたし市川梅は最低月1で飛行機を利用し広島⇆東京間を移動していて、そんな2拠点生活も早半年となりました。毎回ANAを利用しております。

そんなわたしが今回は、出張時におすすめのANA飛行機の座席(エコノミークラス)をご紹介していきます!

機内・機外に案内される順番

おすすめの席をご紹介する前に、ANA飛行機に搭乗案内される順番と飛行機外に離席案内をされる順番についてご説明します。

機内には窓側→中央→通路側席の順で案内される

飛行機内に案内される順番は6つに分けられます。

  • 優先搭乗(小さいお子様連れ・妊娠している方・サポートが必要な方)
  • ANAメンバーダイヤモンドクラス
  • ANAメンバーゴールド・プラチナクラス
  • 窓側席
  • 中央席
  • 通路側席

上記の順番で案内されますよ。

機外にはビジネス→約10列目まで→約10列目以降の順で案内される

飛行機外に案内される順番は飛行機の種類や搭乗人数によって異なりますが、3〜4グループに分けられます。

  • ビジネスクラス
  • ビジネスクラス以降〜10列目くらいまで
  • 10列目くらい〜20列目くらいまで
  • 20列目くらいからそれ以降

大きい飛行機で人数が多ければ上記の順で案内されます。

席は重視するポイントで決めよう!

案内される順番によってメリットデメリットがあるので、出張時の飛行機利用で重要視したいポイントによって席選びをするのがいいですね!

時間最優先なら前列通路側一択!

出張では飛行機の着陸予定時間後から予定がツメツメなことが多いですよね。できるだけ早めに飛行機から降りられるのが吉!

飛行機を降りてからの時間をできるだけ早く確保したいなら、前列の通路側の席がおすすめです!もうここ一択!
飛行機ユーザーポイントのランクや予約方法によって前列の何列目から選べるかは異なりますが、可能な限り前の列できれば10列目までの通路側席を取りましょう!

通路側の席を取っておくと、離席案内後ささっと通路に出られるので、いち早く飛行機から降りやすいですね!特にビジネスクラスの後ろの列から10列目まではエコノミークラスの中で1番最初に離席案内をされるのでGOOD!

通路側席でも後ろの方の席だと離席案内をされるのが遅いので注意です!

手荷物を確実に棚に入れたいなら窓側席

出張時はできるだけ手荷物として機内に持ち込みたいものがあることがありますよね。

そんなときは窓際席がおすすめです!
優先搭乗該当時とANAメンバーを除くと、最初に案内されるのは窓側席を取っている方です。機内の棚は先着順で利用するので、確実に棚に入れたい場合は窓際席を確保しておくのが安心です。

自分が座る席の近くの棚が埋まっていても、他の棚を利用することもできます。

搭乗人数が多く預けても心配なものがない場合はできる限り事前預かりに出したいですが、手荷物として確実に機内に持って入りたい場合はぜひ窓際席へ!

緊張でお手洗いに立ちそうなら後方通路側

大事な訪問のための出張…着陸後に迫ったプレゼン…
機内で緊張の時間を過ごす出張の場合は、お手洗いに行く回数が多くなるかも…!

そんな可能性がある場合は、後方通路側席がおすすめ!
お手洗いに1番近く、かつ周りの方を気にせずにスムーズにお手洗いに立つことができます。窓側席や中央席に座ると、立つ度に隣の方にも立ってもらう必要があるので心苦しいですよね…。後方通路側席に座って、不安はできるだけ解消しておきましょう!

どうしても体調がすぐれない場合は、ぜひすぐにスタッフさんにお伝えくださいね!空での経験と知識豊富なプロのみなさまに頼りましょう。席が空いていたら横になれるように案内してくれる場合もあるみたいです。(友達スタッフに聞いた話なので毎回というわけではないかもです。ご理解ください)

わたしは行きは通路側帰りは窓側派

わたしはですね、出張に行く便では通路側、帰りの便では窓側を取ることが多いです。行く便ではできるだけ早くそれ以降の移動をしたいことが多いので前列の通路側に座って待機!帰る便は自宅や事務所に戻って作業ということが多いので、焦りはせず機外の景色を眺めながら乗っています。

その都度最適な席に座って空での時間を過ごしたいですね!

ちなみに席は保安検査開始時刻ギリギリまでネットで変更ができますよ!わたしはできるだけ前の席に行きたいときは、何回もアプリでチェックします!(笑)

次の出張、お気を付けていってらっしゃいませ!